上南Topics

新着情報

就職活動支援プログラムを行っています!

 7月12日(金)の12時30分より、3年生就職希望者を対象に、就職活動特別支援プログラムを行いました。はじめに、株式会社Sparkの講師より、全体説明がありました。働く期間を仮に50年間とすると、人生の3分の1(約10万時間)となるので、収入面だけではなく、「やりがい」や「楽しさ」とは何かを考えることが不可欠。そのためにも、周囲の友人や先生方に、自分の適性などについて聞いてみることが大切であると強調されました。また、会社選びのポイント(成長性があるか、一緒に働きたいと感じる社員がいるかなど)や、職場見学のポイント(仕事内容がイメージとギャップがないかなど)を説明していただきました。本校では、現在のところ、1600を超える求人票が届いていますが、自分自身の適性を見極め、複数の会社を比較・検討していってください。

 全体説明のあと、個別に企業の説明会があり、さまざまな業界の会社説明を聞き、就職活動に向けて、それぞれが課題意識を持つ契機となりました。

   私自身も、当初は教員になるつもりはありませんでした。民間企業に内定をもらっており、教員免許を取るためだけに教育実習に行きました。実習先で、たまたま水泳が苦手なことで学校生活に消極的だった生徒に、水泳の苦手な私が「水泳が苦手でも大丈夫!ちゃんと大人になれるから・・・」と話したことで、その生徒が学校生活を前向きに送れるようになったのです。「教師」という仕事の素晴らしさを味わった瞬間でした。民間企業の内定を辞退したことは言うまでもありませんが、今でも「学校」という場で、毎日新鮮な気持ちで日々を楽しんでいます。人生を変える出会いや出来事がいつ起こるか分かりませんが、それに気づく心のアンテナを敏感にしていたいものですね。

 

 

 

 

0

答案返却が始まりました!

 7月10日より3日間、答案返却が行われます。答案が返却され、復習をしっかりと行うことで、実力が高まります。時間の余裕もあるかと思いますので、丁寧に復習をしてみてください。また、分からないところがあれば、遠慮なく教科担当まで質問してください。お待ちしています!

 3年生は、卒業アルバムの個人写真撮影をしていました。皆さん、とても良い表情で撮影できていました。卒業アルバムは、一生の宝物です。アルバムの完成が楽しみですね。

 また、図書館では、夏の特別貸し出しが始まりました。なんと、貸し出し冊数は無制限!私も、読書する時間が少なくなり、活字離れが進んでいます。自戒を込めて、こんな本を借りて読んでみようと思います。 

 

 

0

今日の上南です!

 暑い日が続きますね。期末考査は3日目を終えました。あと1日頑張りましょう。

 朝来たら、レイちゃん(親鳥)はいるものの、ひな鳥の姿がありませんでした。先生方は大事な家族がいなくなったかのように、朝からあれこれ心配していました。今後も、様子を見守ってきたいものです。ひな鳥が元気な姿を見せてくれることを願わずにはいられませんでした。

 また、国語科準備室の前では、黒々とした立派なカブトムシがいました。すぐにどこかに場所を移したようですが、夏の到来を感じさせられます。

 学校は学期末を迎えます。部活動も再開しますが、それぞれ心身の健康管理をしながら、普段できないことに時間を費やしてもいいですね!学習はもちろんのこと、読書、家の手伝い、部屋の掃除、ボランティア・・・、選択肢はいろいろあるはずです。自分流の充実した時間を過ごしてくださいね。

 

  

  

 

0

期末考査が始まりました!

 7月4日(木)~7月9日(火)まで、期末考査が行われます。今日も、考査後に残って学習をしている生徒が多くいましたが、ベストを尽くしましょう!

 図書館には、七夕飾りがあります。私も、(生徒が)「期末考査で学習の成果を発揮できますように!」と短冊を書いてきました。願いが叶うと嬉しいです。

 七夕飾りは、中国から伝来したものですが、庶民に広がったのは、江戸時代と言われています。長い歴史がありますね。

 短冊を書いていない人は、七夕の夜に夜空に向かって、願い事をつぶやくか心の中で思うだけでもよいそうです。たとえ、星空が広がらなくても、夜空に向かって自分の願い事を伝えてみませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

0

3学年総合的探究「上南ゼミ」について

 6月27日(木)5・6限、3年生「上南ゼミ」の講師を担当していただく先生方(大学・短大・専門学校・企業より)に来校していただき、お一人ずつ自己紹介および開講していただけるゼミのテーマについてお話いただきました。学年主任もゼミの開講に加わり、開講講座数は14になります。「誰かを幸せにするwin-winプロジェクト」をコンセプトに多岐にわたるテーマが提示されました。

 9月より生徒たちは、興味を持ったゼミに分かれて、12月のプレゼン発表に向けて、本格的に探究していきます。

0

今日の上南です 感動編④

 いよいよ明日から期末考査です。朝早く来て、熱心に学習に取り組んでいる生徒も見受けられました。朝の時間は、人も少なく勉強(仕事)がとても捗る「ゴールデンタイム」ですね!時間を有効に活用し、考査に向けて頑張っていきましょう。

 中庭では、鳥の鳴き声がこだましていますが、親鳥が巣の周りをまわっています。ひな鳥を全力で見守っているのでしょう。先生方や生徒にも見守られながら、すくすくと育っています。親鳥のことを「レイちゃん」と名付け、まるでわが子のように優しい眼差しを向ける上南の先生方の姿がありました。写真は「レイちゃん」です!

 

0

今日は何の日?

 7月になりました。梅雨らしい天気が続きますね。

 さて、今日は何の日でしょう?写真を見れば、分かりますね。求人票の受付開始日です。2階の廊下を歩く企業の方がいつもより多かったことに気づいた人もいたのではないでしょうか?本日だけで、30を超える企業の求人票が届きました。持参される会社も多かったようです。

 三者面談で配付した進路の手引き「あゆみ」には、求人票のチェックポイントが掲載されています。特に、就職希望者は、内容を確認して、悔いのない会社選びをしてください。

 社会に巣立つ皆さんは、「社会人基礎力」という言葉を知っていますか?2006年に経済産業省が提唱した「職場や地域社会で多様な人々と仕事をしていくために必要な基礎的な力」です。「前に踏み出す力」・「考え抜く力」・「チームで働く力」の3つの能力と、それらを構成する12の要素が示されています。詳細は、経済産業省のホームページを見てほしいのですが、わたしたちが日ごろの学習や生活の場面で、繰り返し言われていることだと思います。学校できちんとやっていけば、社会で活躍できる「人財」となれるはずです。1日1日を大切に過ごし、社会人としての基礎力を身に付けていきましょう!

 心配なことや疑問があったら、いつでも相談してください。進路実現も「チーム上南」で応援しています!

 

 

 

 

 

 

0

第1回 PTA総務委員会が行われました

 6月29日(土)10時より、本校視聴覚室で新体制になってはじめての総務委員会が行われました。

 はじめに、校長より先日行われた職員向けの進路指導研修会での入試の動向や進路バス見学会の報告がありました。また、学校の近況報告もあわせて行われ、期末考査に向けての様子やボランティアなどで活躍している姿が紹介されました。

 PTA関係の行事の報告や今後の活動計画について協議されました。特に、学校説明会とあわせて行われている「保護者による相談コーナー」のありかたについては、中3生の保護者に有益な場となるよう、活発に意見交換をしました。

 皆様には、お忙しい中、お時間をいただき有難うございました。改めて、PTAの方々の「学校や生徒の役に立つ活動をしたいという思い」が、教育活動の活性化につながっていることを痛感しました。

 

 

0

期末考査一週間前となっています!

 本校では、7月4日(木)~7月9日(火)に、期末考査が行われます。職員室前や自習室では、放課後に多くの生徒が残って学習をしていました。科目数も増えるので、計画的に進めたいですね。また、3年生は進路を控え、大切な考査となります。ベストを尽くしてください。

 国語の授業で『論語』を学んだことと思います。論語のはじめに、「学びて時に之を習ふ、亦た悦ばしからずや・・・」という有名な章句があります。そこでは、学習を成立させる要件が3点指摘されています。ざっくり言うと、繰り返し学習すること、(お互いを高め合う)良き仲間がいること、自分自身のために学習をすること(他人の評価に左右されないこと)が大切であると孔子は言いました。2500年以上前の古典ですが、簡明な言葉の中にヒントがあるように思いませんか?

 努力は必ず報われるわけではありませんが、努力をしたことは必ずいつか実を結ぶはずです。期待しています!

 

0

水泳部の生徒が小学校の体育の授業補助のボランティアをしました!

 6月28日(木)の午後、大谷小学校の5・6年生の体育(水泳)の授業補助のボランティアを本校水泳部12名の生徒が行いました。

 グループに分かれて指導が行われましたが、本校水泳部の生徒は生徒の状況に応じて、見本を見せたり、手を取って泳ぎ方を確認したり、小学校の先生方の指導の補助を見事に務めることができました。小学生に声をかけたところ、「優しく教えてもらえて嬉しかった」・「泳ぎ方のコツを分かりやすく教えてくれた」・「少し上手になったような気がする」といった感謝の言葉を聞くことができました。

 授業の終わりでは、小学生と高校生の直接対決!が行われ、25秒のハンデがあった本校水泳部は挽回することができませんでした。小学生の皆さんは、仲間の素晴らしい泳ぎに盛り上がりを見せましたが、本校生徒にも大きな声で応援してくれました。

 児童の代表挨拶では、「高校生の皆さんを見習って、立派に成長したい」と語ってくれました。たった2時間でしたが、交流を深めることができ、プールサイドでは、授業が終わったあとも、握手やハイタッチをして名残惜しそうにしていました。更衣を済ませたあとも、笑顔で「ありがとうございました!」と手を振ってくれる子どもたちも多く、胸が熱くなりました。

 今回の水泳の授業では、小学生の皆さんと交流が深まったばかりでなく、スポーツを通して人に教えて喜んでもらえるという貴重な機会となりました。

 今後も、地域の皆さんに喜んでいただけるような活動をし、生徒自身が大きく成長するとともに、地域に愛される学校をめざしていきたいと考えています。

 

 

 

 

0